Software

OBS Studioだけでゲームと実況を別録音する方法

Software
スポンサーリンク

どんな記事?

OBS Studioのみでゲーム音とマイク音声を別々に保存する方法(マルチトラック)を解説します。マルチトラックで保存することで、編集の際にゲーム音と音声の調整が個別にできるので、音量調整やエフェクトをかけるときに有用です。

OBS Studioの設定方法

早速OBS Studioを見ていきましょう。

出力を選択し、出力モードを「詳細」にします。
映像フォーマットは初期だとmkvですが、mp4に変更します。

その下の音声トラックというところが、ファイルに出力されるトラック設定になります。今回はゲーム音が1、マイク音声が2という設定で進めますので、1と2にチェックを入れます。

音声タブではビットレートの設定ができますので、必要に応じて変えてください。

音声ソースはこのように設定してあります。

音声ミキサーの右端にある歯車ボタンを押し、オーディオの詳細プロパティを開きます。

プロパティウィンドウが開いたら、トラックのチェックボックスを変更します。チェックを入れたトラックにそれぞれ音が出力されるイメージをしてください。
初期だとトラック1に両方チェックが付いていて、トラック1にゲーム音もマイク音声もミックスされて出力されてしまいます。
今回はゲーム音が1なので、マイク音声は1のチェックを外し、2にチェックを入れます。

これでOBS Studioの設定は完了です。

マルチトラックのここが良い

昔はAudacityでマイク音声だけ別録りして編集ソフトで揃えて…とかやってたんですけど、もうそんな必要はありません。

音量のバランスをあとから調整できる

声が大きすぎてゲーム音がほぼ聞こえなかったり、逆に声が小さすぎてゲーム音に埋もれてしまう…そんな経験はないでしょうか。僕はあります。

同じトラックに録音されてると、あとから調整するのって無理なんですよね。でも別トラックで同時に収録するこの方法なら可能です。

エフェクト処理ができる

僕はあまり使わないですけど、エコーをかけたり他にも色々できそうですね。

マルチトラックのここがイマイチ

フリーで使えて有名なAviUtlはマルチトラックに対応していません。

○ 対応している編集ソフト

有料のものは対応しているソフトが多い傾向。(してないものもあると思うので注意)

Adobe Premiere Pro

言わずと知れた動画編集ソフトですPremiereですが、もちろんマルチトラックの動画に対応しています。

公式サイト

Vegas Pro

公式サイト

DaVinci Resolve

無料版でOKです。

公式サイト

Premiere Rush

公式サイト

✕ 対応していない編集ソフト

AviUtl

無料で使えるので利用されている方も多いのではないでしょうか。
残念ながらAviUtlはマルチトラック録音された動画の編集に対応していません。読み込んでも最初のトラックの音声しか使ってくれません。

PowerDirector

非対応でもマルチトラック使いたい!

Premiere Proは高価なので無料ソフトで済ませたいと思う方も多いと思います。要は別ファイルにしちゃえば読み込めるので、音声を抽出する方法をご紹介します。

FFmpeg

まずは以下のサイトからffmpegをダウンロードしてきます。

いくつか種類がありますが、fullとessentialsどちらでもOKです。分からなければ一番上でいいと思います。7zで圧縮されてるので、分からないよという方はzip形式で圧縮されている3番目がいいかな?

解凍するとbinフォルダの中にffmpeg.exeが入っています。使うのはこのffmpeg.exeだけですが、コマンドラインから使うソフトですので、起動しようとしてもウィンドウなどは立ち上がりません。そこで実行するためのバッチファイルを作成しましょう。

以下をコピーして converter.bat という名前で保存してください。

@echo off
set INPUT=%~f1
set OUTPUT=%~n1
%~d0
cd %~d0%~p0
ffmpeg.exe -i "%INPUT%" -map 0:0 -vcodec copy "%OUTPUT%_video001.mp4" -map 0:1 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_audio001.m4a" -map 0:2 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_audio002.m4a"

Windows標準のメモ帳で保存する場合はファイルの種類を「すべてのファイル」に変更して、文字コードがUTF-8になっているかも確認しましょう。

ffmpeg.exeとバッチファイルができたら、音声抽出したい動画と同じフォルダに入れます。あとはバッチファイルに動画ファイルをドラッグ&ドロップすれば、同じフォルダに抽出されるはずです。

また上記バッチファイルではトラック1とトラック2のみを抽出していますが、もしトラックが他にもある場合は、末尾に

-map 0:3 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_audio003.m4a" -map 0:4 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_audio004.m4a"

などと追記することで増やすことが可能です。

音声抽出 for FFmpeg

バッチファイルを書くのも使いづらいし…と思う方に朗報。

こちらを使うことで、GUIで抽出ができるようになります。

利用するにはFFmpegが必要ですので前セクションのサイトからダウンロードしましょう。

Pazera Free Audio Extractor

こちらのソフトでもGUIで音声の抽出ができます。

まとめ

OBS Studioだけでゲーム音と音声を別トラックに収録する方法を紹介しました。そのままでは直接編集できるソフトがかぎられている、音声抽出に一手間かかるというデメリットもありますが、それを遙かに上回るメリットがありますので、ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました